とても寒い夜の事だった。
男とその妻が車で家へ帰る途中、妻が車を停めるよう夫に頼んだ。
スカンクの赤ちゃんが路肩に横たわっていたのだ。

妻は車を降りると、スカンクがまだ生きているかどうか確かめにいった。
スカンクはまだ生きていた。

妻は夫に言った。
「凍えて死にかけているのよ。
 一緒に連れていって暖めてあげて、朝になったら放してあげてもいいかしら?」

夫は承諾した。
「ああ。一緒に乗れよ」

「どこで暖めたらいいと思う?」

「おまえの股の間に挟んでおけよ。そこは居心地よくて暖かいぜ」

そこで妻が聞き返した。
「でもクサイでしょ?」

すると夫はこういった。
「ならスカンクの鼻をつまんどいてやれよ」
2020/01/13(月) 15:19 笑い 記事URL COM(0)

コメントフォーム

以下のフォームからコメントを投稿してください