「私は、これがこれなので哀れな者なのです
私はそこの酒屋のせがれです
暮らしも何不自由ない身の上なので妻、妾を持とうとしましたが
これが人並み外れて大きいためいまだ女を知りません

財産を尽くしてあちこちに妻となるべき者を探しましたが見つからず
むなしく月日を過ごしていましたが
日々高まる欲望は抑え切れません
こうなった上はと、あそこに繋いでいる馬を妻と思って
その気が起こるとあの馬を相手に思いを晴らしているのです

その夜、妻は行方不明になった(笑)
2018/06/14(木) 05:54 笑い 記事URL COM(0)

コメントフォーム

以下のフォームからコメントを投稿してください