あるブロンドがバーでもう一人のブロンドと会話をしていた。

「静かな夜だわね」と最初のブロンドが言った。

「そうだわね」と2番目のブロンドが答えた。
「あなたはどこ出身?」

「私は、ニューヨークから来たの」
と最初のブロンドが言った。

「本当?」と、相手のブロンドが聞き返した。
「私もなのよ!いっぱいおごらせてね!」

「ありがとう」と最初のブロンドが言った。
「それであなたはどこに住んでいたの?」

「アッパー・ウェスト・サイドよ」と、
2番目のブロンドが答えた。
「セントラル・パーク・ウェスト通りの74番近くよ」

「まあ、うそ!」と、最初のブロンドが言った。
「信じられないわ!私もそこで育ったのよ!学校はどこに行ったの?」

「全部私立学校だったわ」と、2番目のブロンドが言った。
「私は94年に聖心高校を卒業したの」

「本当なの!」と、最初のブロンドが言った。
「偶然ね!私も94年の聖心を卒業したのよ!」

「うそでしょう!」と、2番目のブロンドが驚いて言った。
「とても信じられないわ、こんな偶然!」

ちょうどこの時、常連客の1人が入ってきて、椅子に腰掛けバーテンに挨拶した。
「やあ、サム。今夜は何か変わった事は無いかい?」

「あまりありませんね。また双子のマーフィ姉妹が酔っ払っているだけですね」

2020/02/13(木) 17:13 笑い 記事URL COM(0)

コメントフォーム

以下のフォームからコメントを投稿してください