訓練中、泥だらけの道を中尉がジープを運転していると、泥溜まりに停車している
ジープに出会った。運転席にいたのは大佐だった。
「サー、もしかして大佐のジープはスタックしているのでしょうか?」
「違う!」大佐は答えて、中尉の元にやってきた。そしてキーを渡して言った。
「貴官のジープがだ」(笑)
2018/05/31(木) 14:35 笑い 記事URL COM(0)
夜がとっぷり更けた頃、男は出張の途中である町を通りかかった。そこには
息子ジミーの学ぶ大学がある。男はちょっと寄って息子を驚かせてやろうと
思いついた。フラターニティの建物に着くとドアをノックした。数分して二
階の窓から眠そうな声が尋ねた。
「なんの用だい?」

「ジミー・ダンカンはここかな?」

「ああ!!」声が言った。

「ドアの前に放り出して行きなよ、朝になったら面倒みるから」(笑)
2018/05/30(水) 15:29 笑い 記事URL COM(0)
家の前で遊んでいた5歳のジョニーが、家に駆け込んできて言った。
「ママ!今、うちの前を身長が3メートルもある男の人が歩いて
いったよ!!」
母親が言った。
「ジョニー。3メートルの身長の人なんていません。物事を大げさに
言っちゃいけないと、ママは100万回も注意してるでしょ!!」(^_^.)
2018/05/29(火) 16:27 笑い 記事URL COM(0)
マンハッタンのイーストエンドにある高級レストランに身なりのよい紳士が
やって来てた。バーの席に腰を掛けると、バーテンがやって来て尋ねた。
「何をお持ちしましょう?」

紳士は答えた。
「何もいらないんだ。一度だけ酒を飲んでみたが、好きではなかった。
 それ以来、飲んでいないんだ」

バーテンはちょっと戸惑ったが、煙草を取り出すと一本勧めた。
紳士は、こう言って断った。
「一度だけ煙草を試したことはあるのだが、気に入らなかった。
 それ以来吸ったことがないんだ。 わたしがここにこうしているのは、
 ただ、息子と待ち合わせているからなんですよ」

バーテンがやり返した。
「一人っ子なんでしょうね」(笑)
2018/05/28(月) 15:13 笑い 記事URL COM(0)
ひでりが続いたとき、農村地区の神父が雨乞いの祈祷集会を開いた。
快晴のその朝、教会はあふれんばかりの人でいっぱいになった。
神父は説教壇に上がると、会衆に向かって、こう尋ねた。

「皆さんは、どうして今日、ここに集まっているのかご存知でしょう。
 それで、お尋ねしたいのですが、傘をお持ちの方が一人もいらっしゃらない
 というのは、どういうことでしょうか?」(笑)
2018/05/27(日) 13:34 笑い 記事URL COM(0)
男がひとり、長い棒を持って家に入ろうとしたが
縦にしても横にしても斜めにしても長すぎて入れない。
そうこうしているうちに村人が集まりだし
ああしたらどうだこうすればいいだろうと
ちょっとした騒ぎになった。その時
ひとりの女が言った。
「そうだ!村はずれに住む長老が賢いって
聞いたことがあるわ。その長老に聞いてみたらどうかしら」
それはいい考えだと感心しているところをおり良く
その長老がロバに乗って通りかかった。
ところが長老はロバの尻の方に乗っているので
なんで前の方に乗らないのかと訊ねると長老曰く、
「手綱が長すぎるでな」(笑)
2018/05/24(木) 15:28 笑い 記事URL COM(0)