あるところに、とても物知りの若者がいた。ある男が彼に質問した。

「なあ、悪魔を呼び出せば3つの願いをかなえてくれるんだろう?」
「そうらしいな」
「もしあんたが悪魔を呼んだら、どんな願い事をする?」
「そうだな、一つ目は『俺が健康なうちに残り二つのの願いをかなえてくれ』だ」
「なるほど、考えたな。じゃあ二つ目は?」
「俺が若いうちに最後の願いをかなえてくれ、だよ」
「え?じゃあ三つ目の願いは何なんだ」
「それがなあ・・・実はまだ決めていないんだよ」

そのとき、どこからともなく恐ろしげな声が聞こえてきた。
『早く最後の願いを言ってくれ!!いったい何百年待たせたら気が済むんだ!!』(^_^.)
2018/04/30(月) 15:09 笑い 記事URL COM(0)
混み合った市街のバス乗り場でタイトなミニスカートを履いた
美しくて若い女がバスを待っていました。
バスが停車し、彼女が乗る順番でしたが、彼女はスカートがタ
イトすぎてバスのステップに足を乗せられないと気づきました。
恥ずかしさで運転手に微笑みかけ、足が乗るようにするために
彼女は手を後ろに回しスカートのジッパーを少し開きましたが、
そのぐらいでは無理でした。
恥ずかしさを増しながらももう一度ジッパーへ手を回し、もう
少し開いて足を乗せようと試みます。
もう一度、今度も足が乗らずに悔しがりました。彼女は再度運
転手に微笑みかけてジッパーをもっと開きますが、まだバスに
乗れません。
そのとき、彼女の後ろに立っていたテキサス出身の大男が彼女
の腰を持って軽く持ち上げバスのステップに優しく乗せてあげ
ました。
女は動揺し、良心の男に向かって叫びました、「私の体をよく
も触ったわね!いったいあなたは誰なのよ!」
テキサス男は微笑みながらゆっくり言いました、「はい、普通
ならその通り、あなたのおっしゃるとおりでありますが、あな
たが私のジッパーを三度も開かれたので、なんかあなたが友達
のように思えてきたもので・・・」
2018/04/27(金) 16:08 笑い 記事URL COM(0)
最近おざなりになってたワイフを久しぶりに抱いた。
事が終わった後眠っていると誰かがドアをノックしやがった。
そしたら寝ぼけたワイフが慌ててこう言ったよ。

「早くこの窓から逃げて!!」

どうやらワイフが浮気しているらしい・・・
ワイフは一向に口を割らない・・・
相手はいったい誰なのか・・・
オレは居ても立っても居られず町に出た。
そしたら道行く男達が皆オレに向かってこう言った。
「ようっ! ブラザー!!」(^_^.)
2018/04/26(木) 15:53 笑い 記事URL COM(0)
会社の重役を務める夫を驚かそうと、妻が不意にオフィスに立ち寄り、夫が働く
重役室のドアをノックもせずに開けた。夫は、自分の椅子に座っていたが、その
膝の上には若い秘書が座っていた。

妻を一瞥した夫は、たじろぎもせず、落ち着いた口調で言った。

「うむ、やはり備品の予算を上げるべきだろう。この部屋で会議をするには、椅子が
たったの一つでは無理がある」
2018/04/25(水) 17:32 笑い 記事URL COM(0)
ある動物園での会話。
「下痢をした象に何を与えればいいのかなぁ?」
「たくさんの部屋はどうだい?」
2018/04/24(火) 16:28 笑い 記事URL COM(0)
帰宅した男がドアを開けようとすると、中から妻の喘ぎ声が聞こえてきた。
以前から怪しいと思っていた妻の浮気現場に踏み込もうと、ドアを開けようとする男。
しかしドアには鍵が掛かっていた。

男「おい!男がいるのは分ってるんだ!早くここを開けろ!」

3分後。開いたドアの向こうには、妻と、男もよく知っている電器屋が立っていた。

男  「お前が妻の浮気相手か!間男め!どう責任問ってくれる!」
電器屋「間男なんてとんでもない。私はラジオの修理に来ていただけです。」
男  「ふざけるな!妻の喘ぎ声もちゃんと聞いたんだ!」
電器屋「ああ、あれは、さっき修理したラジオの音ですよ。」
男  「ほほぉ、それはおかしいな。うちにはラジオはないはずだが」
勝ち誇ったようにそう言う男に、電器屋は言った。

電器屋「ラジオならありますよ。それもとびきり感度のいいものが。ただ今まであなたがプラグを差し込まなかっただけで。」(笑)
2018/04/23(月) 17:03 笑い 記事URL COM(0)