帰宅した男がドアを開けようとすると、中から妻の喘ぎ声が聞こえてきた。
以前から怪しいと思っていた妻の浮気現場に踏み込もうと、ドアを開けようとする男。
しかしドアには鍵が掛かっていた。

男「おい!男がいるのは分ってるんだ!早くここを開けろ!」

3分後。開いたドアの向こうには、妻と、男もよく知っている電器屋が立っていた。

男  「お前が妻の浮気相手か!間男め!どう責任問ってくれる!」
電器屋「間男なんてとんでもない。私はラジオの修理に来ていただけです。」
男  「ふざけるな!妻の喘ぎ声もちゃんと聞いたんだ!」
電器屋「ああ、あれは、さっき修理したラジオの音ですよ。」
男  「ほほぉ、それはおかしいな。うちにはラジオはないはずだが」
勝ち誇ったようにそう言う男に、電器屋は言った。

電器屋「ラジオならありますよ。それもとびきり感度のいいものが。ただ今まであなたがプラグを差し込まなかっただけで。」(笑)
2018/04/23(月) 17:03 笑い 記事URL COM(0)